ビットコインはレンジ内相場

ビットコイン円 日足

昨日のビットコイン円は陰線を形成しました。行って来いの下落とはならなったものの、小動きで方向感がない状態が続いています。移動平均線の上に位置していますが、長期線は下向きなので今後次第の動きとなるでしょう。

レンジ相場になりやすい背景には材料がないため、大口投資家が入りにくく短期勢が多いためだと思われます。短期勢は反対売買を繰り返す必要があるため、例えば、買ったら売らないといけないためレンジ相場を形成しやすいです。

今後のトレンド形成をするかどうかは、材料が出て大口のフローが入ってくるかどうかになるでしょう。ただ、それはわかりませんのでチャート上の節目を目印にしてトレードをしていくしかないと思います。

上に行くにしても500万円という大台は意識されることでしょうし、一つの節目となり得ると思います。ブレイクアウトの順張りはイメージしながら週末のトレード頑張りたいと思っています。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました