ビットコインは上値下値と圧力がかかる

ビットコイン円 日足

昨日のビットコイン円は陽線を形成しました。一昨日の下げの半値戻しは決めてきている事から下値も固いが上値も重い展開が続いています。短期線に沿うような動きとなっている事から、売り方と買い方の攻防が続いているようです。

ただ、上値と下値ともに切り下げてきているので売り方が優勢ではあるでしょう。戻りは売られやすい動きであるため逆張りはしやすいと思います。十分に引き付けて売りを仕掛けて短期で利食いをしていくやり方がハマるでしょう。

また、局部的にはレンジ相場と見る事もできるため少々エントリーを間違っても戻ってくる可能性があるため見極めが肝要です。逆に言えば、ブレイクした際には走る可能性があるため最終的には損切りをしっかりできることが肝になるでしょう。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました