ビットコインは小動き

ビットコイン円 日足

週末のビットコイン円は小動きとなりました。短期線に沿った動きとなっている事から上昇基調は変わらず継続しているものと見えます。注目のジャクソンホール会議も無風で過ごしたことで、次の注目は9月3日の米雇用統計となっています。

パウエル議長はハト派ですがその他ではタカ派的な意見も強く、現在は直近の新型コロナの猛威と消費動向の鈍化懸念などでテーパリングが送らされていますが、米雇用統計の結果次第では変わってくる可能背もあります。金利動向に関わる大きな動きなのでビットコインにも波及するでしょう。

トレード戦略としては押し目買いを狙っていく状況であり、このチャートパターンが変化しない限りは変わりません。長期線あたりまで急激に差し込み急反発すれば勢いが付くでしょう。その辺りをいかに狙えるかが勝負だと思っています。トレードはある程度あたりを付けて取り組みたいです。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました