ビットコイン円は三角持ち合いを上放れか!?

ビットコイン円 日足

昨日のビットコイン円はしっかりとした動きとなり陽線になりました。三角持ち合いを明確に上放れとは言えないまでも抜けようとしている感じもします。少しだけ買いポジションを取りましたが、不明瞭な場面でもあるかなと思います。

どちらにしてもトレードは動きが明確になった時に、波に乗っていくほうが効率的であると思いますので、メリハリを付けられるトレードを心がけたいと思います。焦ってポジポジ病となってしまえばチャンス時にポジションが取れない!?なんて事にもなりますからね。

5月のビットコインは歴史的に見る暴落相場となりましたが、戻りも鈍いという事で「ビットコイン・オワコン説」を唱える学者や記事が目立つようになりました。この前までは年内に1,000万円を目指すという強気でしたが、これがあるから面白いですね。

私としてはどこかで反転して戻してくると思いますので、その時期を見定めることが肝要かと思っています。ネガティブ記事が出て個人投資家が投げ売りしてくれれば、反発も大きく弾みがつくことから悪いことではないと思っています。

それよりも相場が膠着してしまうほうがトレーダーとしてきつい状態です。相場はトレーダーの心をいかにして折らせるか?を常に考えると意識しましょう。そして、辛抱堪らず感情的なトレードをした人から喰らっていきます。忍耐と努力が稼ぐためにも必要です。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました