ビットコイン相場では思い込みは禁物

チャートを見て上がりそうだから買いポジションを持つと、悪材料が出て下がったとしても、また上がるだろうと言い訳を作りずるずると損失が拡大してしまう事があります。これはバブルが弾けた後にも日経平均株価が低調であった状況を見ればわかります。

私たちは自分を正当化するために、冷静に考えれば間違いな状況であっても言い訳を作り間違った判断をしてしまう事があります。いわゆる考えにバイアスがかかる状態であり、トレードで稼ごうとする場合はこれを改善していかなくてはなりません。

相場とは売りと買いが存在するため成立するものですので、例えば、あなたが上がりそうだから買いポジションを持つと同時に下がりそうだから売りポジションを持っている人もいるということです。お互いに正義があり根拠もあるものだと思いますが、どちらかは間違いで判断を迫られることになります。

これを理解したうえで、どのような達人であっても間違える事もあり、いかにしてそれを認知して行動できるかが勝負所となることです。具体的に言えば、損切りをしっかりとできるかどうでしょうね。初心者ではまずこれを理解して行動する事をお薦めします。

先ほどのバブル時に株価が低迷した際には、損失が拡大するということもマイナスポイントでしたが、実は資金が拘束されるため身動きが取れなくなることもありました。初期段階で損切りしておれば、新しいチャンスを見つけて損を取り返し利益を出せていたかもしれません。投資の可能性を潰しているのです。

特にFXやビットコインなどのレバレッジ取引の場合では、短期間の機会損失は大きな影響があるため死活問題となります。一般人に「風見鶏みたいな人だ」というと節操がなく否定的な意味ですが、相場をしている人では名誉ある事です。風を読んで即座に流れに沿った行動ができると捉えるからです。

エントリーする際には自信が必要だと思いますが、ポジションを持てばフラットに考えて相場状況を分析しながら、いつでも自分の行動を否定する事を受け入れましょう。それが勉強にもなりますし次の大きな利益にも繋がっていきます。最終的に勝てば問題ないのです。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました