ビットコインは上昇トレンドが終焉か!?

ビットコイン円 日足

昨日のビットコイン円は軟調な動きとなりました。長期線を突っ込み一時は反発する場面もありましたが、流れは変わらずで陰線を形成する形となりました。明確に長期線を下抜けてきたので、私のポジションも損切りとし静観しています。

チャートの形としては明確な上昇トレンドが終わったように見えます。今後はレンジ相場となるか下落相場となるかを見極めていきたいと思います。方向感がない状態でバイアスがかかりにくいことから、時間足や分足での短期売買はチャンスがあればチャレンジします。

ビットコインの下落の原因としては、パウエルFRB議長発言と米大手投資会社のダリオ氏が米政府がBTCを禁止する可能性に言及したことを嫌気されたと言われていますが、フィデリティのBTCのETF申請なども好材料もありファンダメンタルズ情報では判断しにくい状況です。

週足で見ると強気相場でありますが、短期線の抵抗が510万円台となっているため、それを目指しての展開もあり得ると思います。現在値から見ると目先は弱気相場となるため、それも視野に入れながら考えていく必要があります。

トレンドが崩れた当初は方向感がどうなるか読みにくいため神経を使います。ただ、再度トレンドを形成していく初段階で掴むことができれば大きな利益となりますので、リスクも考えながら挑戦していきたいと思います。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました