【初心者必須】相場予想の的中率を上げる練習方法

チャートの未来予想は書いて残しましょう

トレードでは将来、上がるか、下がるかを当てなければなりません。これがわからなければ丁半博打になってしまい、いつまでたってもギャンブルトレードの域から抜け出せないからです。予想方法は様々あるとは思いますが、一般的なのはチャートの動きを解析するテクニカル分析になります。

テクニカル分析と聞くと難しそうと毛嫌いしてしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはなくてとてもシンプルな考え方です。相場観というと人それぞれの思惑が交錯するため、誰でも同じく活用できる再現性が乏しくなってしまいます。しかし、テクニカル分析であればチャートの形で判断していくため再現性が高く初心者でも取り組みやすいものなのです。

基本的なテクニカル分析は以前もこちらでご紹介しました。一番シンプルな移動平均線分析法を用いてトレードする事が有効であると思います。理由はビットコインはトレンドが発生しやすく、それを見極めるためには移動平均線が最適であるからです。それと、理屈も単純でわかりやすいですからね。

これをベースにして将来の値段が上がるか下がるかを予想してみてください。何もない状態よりは判断材料が出てくるため予想はしやすいと思います。上がるか?下がるか?何となく頭でイメージができるようになれば、実際に紙にそれを書き出してみてください。上図のようなざっくりとしたものからでも構いません。どんなにシンプルな描画でもやることが大事です。

そして、後で結果を見返してどうだったか検証しましょう。上図は押し目を作りながら上昇していますが、その通りになっていたか?の確認です。上昇基調となったのか?押し目はこのように作られたのか?値幅は概ねあっているのか?などチェックする点は細かく挙げればたくさんあります。分足、時間足、日足などやる事は同じです。

昔のプロトレーダーは今のように機械によるチャート描画システムがなかったので、方眼紙に手書きでローソク足を書いていたようです。しかし、それにより値動きの癖やパターンなどを身に染み込ませることができたようです。お金もかからず相場観が鍛えられるのでお薦めです。

紙に書くことで意識が明確化する事と、過去と現在、未来の自分が対話できるようになります。成長を感じる事ができるでしょうし、時には同じ失敗をしたと戒める事にもなるでしょう。他人からのアドバイスを参考にするのも役立ちますが、最終的には自分がどうなりたいかになるため自分との対話は欠かせません。そのためにもこのトレーニング方法は最適であると思います。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました