なぜ?初心者にはビットコイン投資が向いているのか?

投資初心者にも向いているビットコイン

乱高下をするビットコイン相場を見て「こんな投機性の強い金融商品なんて、初心者には向いていない!」と息巻くコメントをたまに見かけますが、私は真逆でビットコイン投資こそ初心者には向いている金融商品であると思います。なかでも、現物取引よりもレバレッジ取引のほうが良いと強く思います。

一般的な見解とは真逆な事ばかりで呆気にとられる人もおられるかもしれませんが、実は株やFX、コモディティなどの経験者の間では定説であるけど、リスクを煽っていると上辺だけしか報道されず闇に葬られている情報なのです。今回はその理由について解説していきます。

ビットコインが初心者に向いている理由としては、テクニカル分析だけで勝負ができることが大きいです。株やFXなどは金融商品として実体経済とも連動しています。経済とリンクするので様々な要因の影響を受けるためファンダメンタルズ分析が必須になります。

株であれば景気全体の情報と個社の営業成績など情報を調べる必要があります。また、FXでも各国の社会、経済情勢を見つつ重要指標発表なども考慮しつつポジションを作っていく必要があります。経験者は日経新聞が読める以上の分析能力が求められるため、初心者が取り組むにしてはハードルが高いです。

また、ビットコインは実体経済に連動していない、いわば発展途上状態で株や為替相場のようなプロ勢が参入していない状態です。既存の金融相場では手練れのプロ勢やAIを駆使したシステム売買など、一筋縄ではいかない相場展開となることが少なくなく、初心者がそれを読み解いてトレードをするのは難しいです。ビットコインでは比較的プロ勢が少ないので分析しやすく結果が出やすいです。

資金管理面においても少額からスタートする事ができるので始めやすく、レバレッジ取引を活用する事で勝負所ではロットを上げることができます。限られた資金内で大きく稼ぐ仕組みがあるため、経験者である程度資金がないとチャンスを生かせない他金商品とは違い優位性があるでしょう。

レバレッジが効くと聞くと条件反射で危険だと思われる人も一部おられますが、それは全く間違いであると言えます。わかりやすい例でいえば、1990年代に日本経済はバブルが弾けて長期にわたり株価は低迷し続けました。個人投資家は下がった株を塩漬けにし続け、評価損を拡大し続けました。現物取引のリスクと言えるでしょう。

レバレッジ取引では一定の損失になればロスカットが発動し、証拠金分は残り再起を狙えます。現物のようにほぼ無価値となれば再起もできません。初心者は相場展開を間違えがちですので、初期の段階で強制的にもロスカットしてもえ再起を狙るほうがはるかに安全だと言えるでしょう。ロスカットは怖いイメージがあるかもしれませんが、本来は身を守ってくれる安全策なのです。

ビットコイン円の値動きもトレンドが付きやすいので、初心者は相場の流れに乗ってトレードをしていけば利益も出しやすいでしょう。仮にエントリーポイントを間違っても、途中で上下してくれるため最小に損失を止めたり利益になったりします。ほかの金融商品ではこうはいきません。本格的に経済に取り込まれるなどプロ勢が入ってくれば状況も変わるかもしれませんが、少なくとも今は初心者にとって取り組みやすいのでお薦めできます。

ビッターズであれば今はキャンペーンをやっており、無料口座開設でビットコインをプレゼントしてくれて、1円もかけずにリアルトレードをする事ができます。さらに利益が出たら出金も可能なのでお得です。ぜひ、試してみてください。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました