ビットコイン円は揉み合い相場で+132,900円

ビットコイン円 4時間足

昨日のビットコイン円はもみ合いとなりました。(前日のもみ合い予想記事はこちら)上下にぶれる状況下での逆張りが有効になったと思います。4時間足チャートでは短期線がサポートとなり長期線がレジスタンスとなる動きとなり、132,900円のプラスとなりました。

4時間足チャートを見ると下値は固いものの、流れは売りであり短期線もそうですが、長期線が強くレジスタンスとして作用するのではないかと思います。ただ、今の相場であれば少々予想がずれても上下動をしてくれるので、損切りや利食い値がフィットすれば利益になると思います。

資産形成のポートフォリオでリスクヘッジの一種としてビットコインが注目されており、JPモルガン・チェースもそれに賛同したようです。確かに他金融商品と違う値動きをするかもしれませんので、複数の金融商品と掛け合わせてヘッジとして良いと思います。ただ、現在の相場は世界的な金余りのリスクオンであり、それは株やビットコインも同じで巻き戻しが起こった場合どうなるかが問題だと思います。

高値警戒からビルゲイツ氏のようなネガティブ発言で相場が下がったり、上下にぶれやすい展開となっていますので突発的な値動きには注意しましょう。情報を逐一チェックする事が大切ですが、すぐ対応できない場合もあるので逆指値で損切り設定をしておくことです。そして、それの範囲内で裁量で自由にトレードをすれば安全に運用できると思います。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました