ビットコイン円はもみ合いの可能性!?

ビットコイン円 1時間足 比較

昨日のビットコイン円は急落した反動で半値戻しまで上げたものの、短期移動平均線に上値を抑えられた格好となり516万円で引けました。ビルゲイツ氏やマスク氏がビットコインにネガティブな発言をしたことで下げましたが、全体的にはビジネスが加速する流れになっており、下値では買い需要が高く推移しています。

ビットコインはこれまでも上昇し下降を繰り返しておりますが、今年の1月末にも同じような動きとなる場面がありました。上図のチャートに比較しましたが、まとまった下落後にはもみ合いをこなして再度上昇となっているようです。今回同じパターンになるどうか不明ですが、イメージの一例として参考にはなると思います。

レンジ相場となれば上値と下値を意識した逆張りが有効になります。ただ、これまでの上昇基調が強力であったためレジスタンス(抵抗線)を抜けると走る可能性があるため注意は必要です。日足では長期線にサポートされている形ですので下値では買い支持されやすいのではないかと思います。短期、長期線ともに意識される展開ですので着目点となるでしょう。

昨日はボラティリティがあったので短期トレードも積極的に行いました。様子はツイッターで掲載しています。上下にも動いてくれれば買いでも売りでも利益を出せるチャンスが広がるので狙い目です。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました