【チャート分析】ビットコイントレード必勝法を伝授!

ビットコイン円 4時間足

ビットコイン円をトレードする方法ですがシンプルなテクニカル分析で十分対応できます。初心者にもつかいやすい「移動平均線分析法」がお薦めです。移動平均線とは対象期間の値段の平均を線として表示させたもので世界中のトレーダーに最も活用されていると言われています。

どうしてビットコイン円をトレードする事に移動平均線が向いているのか?それはトレンド分析をすることに長けており、現状のビットコイン円相場状況に最も効果的にワークする分析法だからです。ダイナミックな値動きを視覚的に捉えて誰でも簡単に活用できるものです。

例えば、上図のチャートでは赤色が10移動平均線(短期)で、青が30移動平均線(長期)になります。この数値は任意でありチャート上で反映させながらレジスタンスやサポートとなっている箇所と合わせるようにしましょう。MT5のチャート設定で簡単に行えます。

移動平均線が上向きになっているという事は、トレンドが上昇基調であることを示しています。短期と長期の両方が上向きとなっており、短期が長期の上に位置している状態をゴールんでクロス状態と言い、より強い上昇トレンドを示していることになります。

ただ、相場は右肩上がりに上昇し続けるのではなく、上昇と下落を繰り返しながら動きます。その際にどの地点まで下落するのかを分析する上で、移動平均線とぶつかるポイントは参考になります。チャートの白矢印部分では下げ止まり反転上昇を確認することができます。

このように移動平均線は押し目買いポイントを知る事ができ、明確にそのポイントを下抜けすると損切り、もしくは様子見をするサインを送ってくれます。赤の矢印部分は一瞬ですが明確にした抜けしていると思いますが、こういう時は念のために損切り、もしくは静観が望ましいでしょう。

現在のビットコイン円相場ではトレンドが付きやすい状態なので、移動平均線が向いていると思います。初心者でも取り組みやすい分析法だと思いますので、ぜひ試してみてください。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました