【ビットコイン】相場のバブルとは?

ビットコイン円 週足

「ビットコインはバブルなのか?」さすがに短期間にこれだけ上昇すると、そういう疑念が沸いて警戒感が高まるのも無理はありません。日本人は過去に株バブルが弾けて、暗黒の時代を経験しているだけに身に染みて恐ろしさを体験しています。

しかし、そもそもバブルとは何か?一般的には「投機等により実体経済を反映していない価値が付いた状態」と評されることが多いです。適正価格に収れんするために急騰後は暴落するものと考えられています。

ただ、相場において適正価格とは何か?を考えると、現在付いた値段が適正価格と言えるため、そもそもバブルという定義にはならないのです。大なり小なり思惑が入った売買が行われ、その行為が価格の流動性と平準化をなす為マーケットは存在しています。

小難しい話しになりましたが、何が言いたいかというと投資家にとってはバブルだろうがなかろうが関係なく、時々の値動きによって考えてトレードをするだけです。バブルと言われる急騰時にはトレンドをに逆らわずに上昇なら買いで、下落なら売りでトレードをするだけなのです。

一般的に「バブルだから危険だよ」「やめておいたほうが良いよ」という言葉は本質を理解している人なら一蹴するものでしょう。きつい書き方になると、思考停止して何もできない人と、できる人、そこで差がでるというものなのです。

一つ参考にできる事としては、確かに大相場であるためリターンも大きいですがリスクも大きくなります。リスクを管理するために損切りや資金管理は徹底する必要はあるでしょう。例えば、1回のトレードで総資金の5%以内になるよう損切りをするなどです。

これさえ守っていけば損失限定で利益無限大に近いトレードができると思います。無限大は言い過ぎにしても値動きがあるため大きな流れに乗れば利食いは楽になるでしょう。逆に、値動きがない相場であれば損切りばかりついて、利益が伸ばせないためトータルで利益が出にくいのです。心当たりないですか?

そして、現在のビットコイン円のように急騰して高値警戒がある状態であれば、何かの材料で下げだすとある程度の暴落が期待できます。それを狙って売りトレードを仕掛ける準備をしましょう。人間は損失を嫌いやすくある程度下がれば投げ売りをしてきます。それがナイアガラのような下落相場を招くわけです。それを狙いましょう。

このように一般人が考えるバブルはネガティブ要素しかありませんが、投資家が考えるそれはポジティブです。うまく活用して利益を出してやろうと虎視眈々と狙っているのです。あなたはどちら側の人間ですか?今気づいたなら利用する側に回って仕掛けて利益を奪っていきましょう。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました