ビットコインとは何か?

ビットコインは仮想通貨(暗号資産)の代表格だと言われています。その理由として、換金する事もでき、社会での支払いにも対応するお店も増えている事が挙げられます。現金と同じ価値を持つものとして認識させているようことです。

世の中には、国が発行するお金(貨幣)、企業が発行するポイント、仮想通貨(暗号資産)であるビットコインに分けられて存在しています。それぞれ特性が違うので理解しておくと良いでしょう。

国が発行するお金(貨幣)
各国の中央銀行が印刷する紙幣がベースになります。国家がその価値を担保するため、何かあっても大丈夫という安心感があります。ただ、各国で価値の違いが生じます(為替変動)。そのため海外旅行や貿易をする際には時々で為替変動リスクを受けることがあります。

企業が発行するポイント
家電量販や楽天ポイントなど各企業が発行するポイントでも、ショッピングができたり現金に準ずる活用をする事ができます。これは企業が発行するものであり、企業が倒産すれば価値が0になる可能性があります。その対策として複数企業で使いまわしができる工夫もされています。

仮想通貨(暗号資産)
ビットコインなどの仮想通貨は特定の管理者がおらず、ネットワーク上全体で管理されています。1つのパソコンだけでなく数多くのネットワーク上で管理されて相互管理を行っているイメージになります。これがこれまでにない画期的な運営方法と言われています。

国や企業の影響を受けず、為替変動リスク等もなくなります。さらに、金融機関による高い手数料を取られる必要もなくなるため、ワールドワイドに便利なやり取りを実現しました。

現在でもこの3者が繋がり始めており、将来的には仮想通貨(暗号資産)がメインとして他が徐々になくなっていくのではないかと思われます。近未来的でにわかには信じられないことですが、現実的にビットコインをはじめとして社会的な価値を得てきています。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました