仮想通貨(暗号資産)の取引所と販売所の違いとは?

ビットコインなどの仮想通貨を売買するには、当局に認定された「仮想通貨交換業者」を通じて売買をする必要があります。誰でも売買することはできず、信用のある業者でしかできないので安心はあります。

また、「仮想通貨交換業者」の中には「取引所」と「販売所」として存在しているものがあり両者には違いがあります。さらに「レバレッジ取引」もあり、メリット・デメリットがあるのでチェックしておきましょう。

取引所とは?
取引所とは仮想通貨を持っている他のユーザーと取引を行うことになります。取引所とはそれを繋ぐ場という意味があり、両者の売買を成立させて手数料を徴収するシステムです。

メリットとしては買い手と売り手が自由に値段設定ができ、販売所より手数料などのコストが低い点があります。デメリットとしては買い手と売り手が存在しないと売買が成立しません。今、買いたい!時も売り手がいなければ成立しない事があります。

販売所とは?
販売所とは業者が一般顧客に対して売買するものです。販売所は一般的に通常レートより高く売り、安く買うことで収入源としています。銀行の外貨両替をイメージするとわかりやすいかもしれません。

メリットとしては、販売所が常に営業しているので好きな時に売買することができます。デメリットとしてはコストが高くなってしまうことです。

レバレッジ取引とは?
取引所や販売所などはビットコインなどの仮想通貨で現物を扱うものである一方で、差金決済を目的としたレバレッジ取引も存在します。これは現物のやり取りはなく損益のやり取りで終結します。

これはFXと同じ仕組みであり、仮想通貨のレバレッジ取引を扱う会社の取引システムで売買することにより、レバレッジをかけて少額からいつでも取引ができると人気です。

例えば、外国旅行へ行くためにドルが必要という以外、FX取引がメインとなるように、仮想通貨でも現物取引よりもレバレッジ取引がメインとなるでしょう。自分に合ったものを選ぶようにして有利に進めましょう。

bitterz新規口座開設キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました