なぜ、今、仮想通貨(暗号資産)取引をするべきなのか?

銀行に預けていても利息が付かず、年金や社会保障も絶望的なので、私たちは自己防衛していく必要があります。金融取引の自由化から株も為替も商品先物もネット取引で個人が行うものが定着しつつあります。

とりわけ、レバレッジが高く少額から始められ、24時間取引が可能になったFXは個人投資家を中心に人気であり会社員の副業として利用されている人が増えています。

FXは個人投資家にとって自由度が高く優れた金融商品なのですが、平日しか取引ができないことやボラティリティが年々低下しており、大きなチャンスが少なくなってきているのも事実です。

さらに、為替取引がベースとなっているため様々な政治・経済情勢にも左右されるため、マーケットの仕組みを理解していないとプロ勢と比べて劣勢になってしまう部分もあります。

それらをカバーした金融商品が仮想通貨(暗号資産)取引です。平日だけでなく土日も取引可能で365日24時間フルで取引ができます。ボラティリティも高くチャンスも広がっていると言えるでしょう。

また、稀に出る規制等の情報は注意が必要ですが、それ以外の日々のファンダメンタルズ情報はほぼ影響がないためチャート上での判断で足ります。初心者にとってもコツさえつかめば容易となるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)取引の利点

・365日24時間取引が可能
・数百円からと少額取引が可能
・為替よりボラティリティが高い
・チャート分析のみで取引が可能
・他金融商品と比べプロ勢が少ない

デメリットと言えば信用性があります。各国の通貨は国が担保していますが仮想通貨(暗号資産)はそれがありません。ただ、国や機関投資家でも運用に組み入れるなど広がっているため、ビットコインなどの有名銘柄であれば心配はいらないのではないかと思います。

このようにメリットが大きく個人投資家が運用することに向いていると言えるでしょう。少額からトレードができるので実際に試してみるをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました